Makinohara Tea Fields 牧の原の茶畑

Makinohara in Shizuoka has the largest Tea Fields in Japan.
Shizoku,former Bushi people cultivated the fields in Meiji period.
静岡の牧の原には日本最大の茶畑が広がっています。
明治時代に士族が開墾して作りました。

Makinohara1.jpg


Makinohara2.jpg


Makinohara3.jpg


Makinohara4.jpg

The Oldest Tea Gardens in Japan 日本最古の茶園

Today many of Japanese drink cups of Tea daily and the Tea is produced in Japan.
Where the tea came from to Japan?
今日多くの日本人は日常的にお茶を飲みます。そしてお茶は日本で生産されています。

The tea came from China to Japan.
Buddhist priest,founder of Tendai Sect in Japan,Saicho made a trip to China at the beginning of the 9th century,then he brought tea seeds from China.
He seeded tea in the foot of Mount Hiei(Hieizan).
But the habit of drinking tea was limited to the aristocrat, the tea fields were not rooted.
お茶は中国から日本に伝わりました。
日本における天台宗の開祖である最澄が9世紀初頭に中国へ行き、中国よりお茶の種を持ち帰りました。
最澄は比叡山の山麓にお茶の種を蒔きましたが、喫茶の習慣が貴族に限られていたため、茶畑は根付きませんでした。


Fushun-en.jpg
Fushun-en 冨春園
At the end of the 12th century, Buddhist priest Eisai brought tea seeds from China, then he made the first Tea Garden Fushun-en in Hirado.
Thereafter the habit of drinking tea was spreaded to the common people.
12世紀末、栄西禅師が中国から茶の種を持ち帰り、平戸に最初の茶園である冨春園
を作りました。それ以降、一般庶民に喫茶の習慣が広まることになります。

IMG_1081.jpg

IMG_1101.jpg

IMG_1087.jpg


IMG_1050.jpg
Senkoji-Temple 千光寺
The temple manages Fushun-en. 冨春園を管理しています。

IMG_1543.jpg
Eisai 栄西


IMG_1159.jpg
The Tea Garden in Ryosenji-Temple site in Mount Sefuri, Saga.
佐賀背振山の霊仙寺跡にある茶園

IMG_1161.jpg

IMG_1157.jpg
The monument tells "The First Tea Garden in Japan".
According to tradition,Eisai seeded there first, but maybe Fushun-en was seeded earlier.
記念碑には「日本最初の茶樹栽培地」とあります。
言い伝えによると栄西が茶種を最初に蒔いたとされますが、おそらく冨春園の方が先に作られたと思われます。


IMG_1339.jpg
The Tea Garden in Kozanji-Temple in Togano, Kyoto.
京都栂尾の高山寺の茶園

IMG_1337.jpg

IMG_1319.jpg

IMG_1317.jpg
The monument tells "The Oldest Tea Garden in Japan".
According to tradition, Priest Myoe-Shonin was given tea seeds from Eisai and seeded in the temple at the beginning of the 13th century.
Maybe the garden was not the oldest one.
記念碑には「日本最古の茶園」とあります。
言い伝えによると、栄西から茶種をもらった明恵上人が13世紀初めに高山寺で茶園を作ったとのことです。
おそらく日本最古ではないと思われます。

IMG_1549.jpg
Myoe-Shonin 明恵上人

Electric Train Cars made in Japan 日本の国産電車

日本最古の電車
The Oldest Tram in Japan(1895-) 日本最古の電車
In 1895, the First Tram for business started to run in Kyoto.
With the nickname "Chin-chin-densha, Ting-ting tram" called after the sound of a bell rung, the trams run by Kyoto Electric Railway Co. Ltd. (Kyoden) were loved by evryone.
The body was made by Umehachi-tekkojo in Japan, and the motor was made by General Electric Company in USA.
1895年、京都において日本で最初の電車が営業運転を始めました。
ベルの音から「チンチン電車」の愛称で呼ばれ、京都電気鉄道(後の京都市電)により運行されたこの電車は皆から愛されました。
車体は梅鉢鉄工所で製造され、電動機はアメリカのゼネラルエレクトリック社で製造されました。


ハニフ1
HaNiFu-1(De-963) ハニフ1(デ963) (1904-)
In 1904, Japan's first full-rail-track type of electric urban railway was opened by the Kobu-Tetsudo Co. between Iidamachi and Nakano in Tokyo,currently Chuo line.
The body was made in Japan, and the truck and the motor was made in USA.
1904年、日本で最初の鉄道専用軌道を走る甲武鉄道の電車が現在の中央線にあたる東京の飯田橋と中野の区間において営業運転を始めました。車体は日本で製造され、台車と電動機はアメリカで製造されました。


ホデ6110
NaDe-6110 ナデ6110 (1914)


クモハ40
KuMoHa-40 クモハ40 (1932-)
First 20 meters long body Electric Car in Japan
日本の電車で初めて長さ20メートルの車体が採用されました。


モハ52
MoHa-52 モハ52 (1936-)
Maximum Speeed 95km/h   最高速度時速95km


SE.jpg
Odakyu3000,SE 小田急3000形 (1957-)
Achieved a world speed record(145km/h) of narrow gauge(1067mm between the rails) in 1957.
1957年に当時の狭軌鉄道での世界最高速度(時速145km)を記録しました。


クハ151
KuHa-151 クハ151 (1958-)
Achieved a world speed record(163km/h) of narrow gauge(1067mm between the rails) in 1959.
1959年に当時の狭軌鉄道での世界最高速度(時速163km)を記録しました。


0系
0(zero) of Shinkansen 新幹線0系 (1964-2008)
The Shinkansen(new trunk line) is a network of high-speed railway lines in Japan.
Unlike previous Japanese trains, the Shinkansen lines were standard gauge (1,435 mm between the rails).
The first Shinkansen trains, the 0(zero) series appeared in 1964, ran at speeds of up to 210 km/h , later increased to 220 km/h.
新幹線は日本における高速鉄道のネットワークです。
それまでの日本の鉄道と異なり、新幹線は標準軌を採用しました。
1964年登場の最初の新幹線0系は最高時速210km(後に220km)で走りました。

Steam Locomotives made in Japan (2) 日本の国産SL(2)

D51.jpg
The most manufactured SL in Japan.
D51形、通称「デゴイチ」 1936年から1100両以上製造されました。全長20m
日本で最も多く製造されたSLです。


D52.jpg
Type D52,"Degoni" (1943-, 285 manufactured) Length:21meters
The most powerful SL in Japan, could haul 1200 tons of freight.
D52形、通称「デゴニ」 1943年から285両製造されました。全長21m
日本で最も力の強いSLで、1200トンの貨物を牽引できました。


C62.jpg
Type C62,"Shirokuni" (1948-, 49 manufactured) Length:22meters
The largest SL in Japan, holder of a world speed record(129km/h) of narrow gauge SL(1067mm between the rails).
C62形、通称「シロクニ」 1948年から49両製造されました。全長22m
日本で最も大きいSLで、狭軌のSL(1067mm)では世界最速記録(時速129km)を保持しています。

Steam Locomotives made in Japan (1) 日本の国産SL(1)

860.jpg
Type 860 (1893, only one manufactured) Length:10meters
First SL made in Japan. Made by Japanese but directed by British engineer Richard Francis Trevithick, grandson of Richard Trevithick.
860形、1893年に1両のみ製造。全長10m
最初の日本国産SL。日本人によって製造されましたが、英国人技師R.F.トレビシックの指導によりました。彼はSLの祖R.トレビシックの孫です。


230.jpg
Type 230 (1901-1909, 41 manufactured) Length:10meters
First SL mass-produced in Japan. The main parts were imported because the steal materials were hard to be produced in Japan then.
230形、1901年から1909年にかけて41両製造されました。全長10m
日本で最初に本格的に量産されたSLです。当時の日本では鋼材の生産が困難だったので、主要部品は輸入に頼りました。


9608.jpg
Type 9600,"Kyuroku" (1913-, around 800 manufactured) Length:17meters
First standard type for freight train.
9600形、通称「キューロク」 1913年から800両前後製造されました。全長17m
最初の貨物用の標準機です。


8620.jpg
Type 8620,"Hachiroku" (1914-, around 700 manufactured)Length:17meters
First standard type for passengers train.
8620形、通称「ハチロク」 1914年から700両前後製造されました。全長17m
最初の旅客用の標準機です。


The picture of type 860 was taken in the museum in Ome railway park.
860形の写真は青梅鉄道公園の記念館で撮影しました。

The Beginning of rail transport in Japan (2) 日本の鉄道の始まり(2)

In 1872,the first railway for business was opened between Shinbashi(later Shiodome) of Tokyo and Yokohama (present Sakuragicho).
The railway construction was guided and supervised by British railway engineer Edmund Morel, and the locomotives were imported from the United Kingdom.

1872年、最初の営業運転の鉄道が東京新橋と横浜との間で開業しました。
鉄道建設は英国人鉄道技師のモレルが担い、機関車は英国から輸入されました。

モレル
Edmund Morel (1840-1871) モレル
He was appointed to be the Chief Engineer by the Japanese Government.
Regrettably he died before the opening of the railway.
彼は日本政府より建築師長に任命されました。
残念ながら鉄道開業前に亡くなりました。

IMG_0324.jpg
No.1, later type 150 made in UK
Length: 7.6 meters
1号機関車150形式 英国製 全長7.6m


IMG_0542.jpg
Restored former Shinbashi station in Tokyo 復元されたかつての新橋駅

IMG_0545.jpg
Monument erected near Sakuragicho station in Yokohama
横浜の桜木町駅近くに建てられた記念碑

IMG_0546.jpg
The picture of former Yokohama station on the monument
記念碑表面に描かれたかつての横浜駅の絵


IMG_0236.jpg
The train running between Shinbashi and Yokohama
About 29 kilometers between Shinbashi and Yokohama, took about 53 munites with nonstop.
新橋・横浜間を走る列車  
新橋・横浜間は約29kmで、ノンストップで53分かかったそうです。


The above pictures were taken in the museum in Ome Railway Park, The Railway Museum in Omiya, and other places.
上の写真は青梅鉄道公園の記念館、名古屋のリニア・鉄道館、大宮の鉄道博物館、長崎のグラバー邸などで撮影しました。

The Beginning of rail transport in Japan (1) 日本の鉄道の始まり(1)

Today in Japan, rail transport is a major means of passenger transport, especially for mass and high-speed travel between major cities and for commuter transport in metropolitan areas.
I'm going to tell how rail transport was introduced to Japan.

今日の日本では、鉄道が旅客輸送の主要な手段であり、特に主要都市間の大量で高速の移動及び大都市内の通勤を担っています。
鉄道が日本へどのように伝来したかを書こうと思います。


Japanese was told about rail transport by Dutch in Nagasaki first.
In 1853, Russian admiral Yevfimy Putyatin came to Nagasaki to open Japan to trade, then he made a demonstration of a steam engine on his ship.
The demonstration inspired Japanese very much, then they manufactured a steam engine in 1855 in Saga.

日本人は長崎のオランダ人から鉄道のことを初めて聞かされました。
1853年、ロシアのプチャーチンが日本に開国を求めるため長崎に来航し、その際船上で模型蒸気機関車のデモ走行を行い、それにより佐賀藩が日本で初めて模型蒸気機関車を製造しました。

プチャーチン
Yevfimy Putyatin (1803-1883) プチャーチン

IMG_0239.jpg
Japan's first steam engine, manufactured in 1855 in Saga.
Length: about 40 centimeters
日本で最初に佐賀藩により製造された模型蒸気機関車、長さ約40cm
IMG_1485.jpg
Demonstration in Saga 佐賀でのデモ走行  


In 1854, the Commodore of the United States Navy Matthew C.Perry made second visit to Japan, then he brought a large steam engine as one of tributes to Tokugawa Shogunate and he made a demonstration in Yokohama. Then Japanese rode on a running steam engine for the first time.

1854年、アメリカのペリーが二度目に来航した際、より大きな模型蒸気機関車を徳川幕府への献上品の一つとして持参し、横浜でデモ走行を行いました。その時日本人は初めて走行する模型蒸気機関車に乗りました。

Matthew_Calbraith_Perry.jpg
Matthew C.Perry (1794-1858) ペリー

IMG_1478.jpg
Perry's steam engine unloaded on Yokohama shore
横浜に陸揚げされたペリーの模型蒸気機関車  

IMG_0421.jpg
Model of Perry's steam engine, the original was lost.
Original length: about 3.5 meters
ペリーの模型蒸気機関車、実物は失われました。実物の長さ約3.5m

In 1865, Scottish merchant Thomas Blake Glover purchased steam locomotive "Iron Duke" made in the United Kingdom, and demonstrated on railway track over 400 meters in Nagasaki.
"Iron Duke" ran on domestic coal, and was open to the public.

1865年、スコットランド人の商人グラバーが英国製の蒸気機関車「アイアン・デューク」号を購入し、長崎に敷設した400m以上の線路でデモ走行しました。「アイアン・デューク」号は国産の石炭を用いたそうです。

IMG_1112.jpg
Thomas Blake Glover (1838-1911) グラバー

IMG_1119.jpg
"Iron Duke" 「アイアン・デューク」号

IMG_1134.jpg
IMG_1140.jpg
Stone monument erected at the site in Nagasaki tells "Here is the Birthplace of railway in Japan"

The above pictures were taken in the museum in Ome Railway Park, SCMAGLEV and Railway Park in Nagoya, The Railway Museum in Omiya, Glover House in Nagasaki and other places.
上の写真は青梅鉄道公園の記念館、名古屋のリニア・鉄道館、大宮の鉄道博物館、長崎のグラバー邸などで撮影しました。

Genko Borui, Defensive Walls Against Mongol Invasion 元寇防塁

In the late 13th century, the Mongol Empire Yuan invaded the northern part of Kyushu twice(1274 and 1281).
After the first invasion, Defensive Walls,Borui were built along shoreline of North Kyushu.
I visited some remains of the Defensive Walls in a trip to Hakata.
13世紀後半、モンゴル帝国の元が二度(1274年と1281年)日本に侵攻し、一度目の侵攻の後北九州海岸沿いに防塁が築かれました。
博多を訪れた際見に行ってきました。

Genko Borui1


Genko Borui2


Genko Borui3


Genko Borui4



Genko Historical Museum(reservation needed to enter) exhibits historical materials related to Genko,Mongol invasion.
元寇史料館(要予約)には元寇に関係する文物が展示されていました。

Genko Borui5
Helmet and stirrups of Mongol army モンゴル軍の兜と鐙(あぶみ)

Genko Borui6
Armor, Spear and Bow of Mongol army モンゴル軍の鎧、槍、弓

Genko Borui7
Gong of Mongol army モンゴル軍の銅鑼

Genko Borui8
Pot of Mongol army モンゴル軍の壺

There are also many picture scrolls of the Mongol invasion in the museum.
史料館には他に蒙古襲来の絵巻なども展示されていました。

Genko1.jpg
The Second Mongol invasion of Hakata,Kyushu (1281AD)
元軍九州・博多再襲来之図(弘安4年)


Genko2.jpg
A storm sank the Mongol ships
台風吹き元船沈没之図



Imazu Borui 今津防塁

Genko Borui9


Genko Borui10


Genko Borui11


Genko Borui12
View of Nagahama beach and windbreak forest where Imazu Borui was built, taken at Mount Bishamon
今津防塁が築かれた防風林のある長浜海岸の眺め、毘沙門山より撮影


Genko Borui13
Mokozuka,Tumulus for Mongol Warriors 蒙古塚


Genko Borui14
Monument inscribed in Mongol モンゴル語で記されている記念碑

The Banana Sales"Banana-no-Tatakiuri" in Moji port  門司港名物バナナの叩き売り

Moji port in Kitakyushu is famous for the Banana Sales.
The Banana Sales began in Taisho Period(around 1920).
In those days Japan imported bananas from Taiwan, Moji was main port of unloading bananas.
Then the ships were not fitted with cold storages,so loaded bananas went bad so fast.
And after unloaded at port, bananas had to be sold fast.
The venders tried to sell the expensive bananas as fast as possible.
They talked to the customers cheerfully, and sold bananas even at discounted prices.
Their unique banana sales were called "Banana-no-Tatakiuri".
Since late 1960s,"Banana-no-Tatakiuri"sales have almost died out because of the growth of the massive banana import.
Today "Banana-no-Tatakiuri"sales are demonstrated only in some events.

門司港(九州最北の港)はバナナの叩き売りで有名です。
バナナの叩き売りは大正時代(1920年前後)に始まりました。
当時日本はバナナを台湾から輸入し、門司は主要なバナナの積卸港でした。
当時の船は冷蔵設備がなく積荷のバナナは傷むのが早かったそうです。
そのためバナナは積卸後早く売りさばかれなければなりませんでした。
バナナを売る人は高価なバナナをできるだけ早く売ろうとして、快活に客へ話しかけ、値段を安くしてもバナナを売りさばきました。
その独特の売り方は「バナナの叩き売り」と呼ばれました。
1960年代後半以降バナナの大量輸入がされるようになってから、「バナナの叩き売り」は廃れました。
現在、「バナナの叩き売り」はイベントなどで実演されるのみです。

叩き売り遠く
叩き売り近く
The Demonstration of "Banana-no-Tatakiuri" バナナの叩き売りの実演


発祥地の碑
The monument of the birthplace of the Banana Sales
バナナの叩き売り発祥地の碑

ポール

IMG_0744.jpg

バナナマン
Banana Men バナナマン


門司港全景
Moji port 門司港

Kamariya stream amenity 釜利谷小川アメニティ

Kamariya stream is the tributary stream to Miyagawa-river runs in Kanazawa ward,Yokohama city.
It is the double deck stream, one stream runs underground and the other runs on the ground, constructed to prevent from flooding.
The promenade along the stream is so pretty, and very fun to walk on sunny day.
釜利谷小川は横浜市金沢区を流れる宮川の支流です。
二層式河川で、地下と地上に流れが分かれています。洪水を防ぐために建設されたそうです。
小川のほとりに整備された遊歩道はきれいで、晴れた日の散歩は楽しいです。

1番


2番


3番


4番


5番


6番


7番

No fish was found in the stream when I visited, but actually small fishes live in the stream.
私が訪れた日には魚が見当たりませんでしたが、実際は小さい魚がいるそうです。
Profile

Koimaru

Author:Koimaru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.