Kitain-Temple 喜多院

Kitain-Temple is the Tendai Buddhist temple in Kawagoe,Saitama.
The temple's formal name is Seiyasan Muryojuji Kitain.
According to tradition, the temple was founded by priest Jikaku-Daishi Ennin in 830.
喜多院は埼玉県川越にある天台宗のお寺です。
正式名は星野山無量寿寺喜多院で、830年慈覚大師円仁によって建立されたそうです。

KitainTemple1.jpg
Sanmon 山門
Built in 1632, the oldest building in the temple
1632年築、寺で最古の建物です。

KitainTemple2.jpg
Jiedo, rebuilt in 1639
Priest Jiedaishi,Ryogen(912–985) is worshipped.
慈恵堂は1639年に再建されたもので、慈恵大師良源が祀られています。

KitainTemple3.jpg
The temple has nice gardens, I took some pictures.
お寺にはきれいな庭があり、何枚か写真を撮りました。


KitainTemple4.jpg


KitainTemple5.jpg
The Statues of Gohyakurakan,five hundred deciples of Buddha.
五百羅漢像

Koedo Kawagoe 小江戸川越

Kawagoe is a city in Saitama Prefecture.
There remains many traditional "Kura"storehouses and some old Western Style buildings.
So Kawagoe is called "Koedo".
"Koedo" means Small Edo,former Tokyo.
川越は埼玉県の都市で、多くの伝統的な蔵や古い西洋風の建物が残っています。
そのため川越は小江戸と呼ばれています。

時の鐘
"Toki-no-Kane,Time Bell"Clock Tower 
Rebuilt in 1894,about 16 meters in height
The Bell has rung for about 350 years.
時の鐘は1894年の再建で高さ約16メートル、
およそ350年間人々に時を告げるため鳴り続けてきました。

通り
"Kura"storehouses along the street
通り沿いの蔵

銀行
Saitama Risona Bank Kawagoe Branch (Former Eighty-fifth National Bank Headquarters)
Built in 1918
埼玉りそな銀行川越支店(旧八十五銀行本店)、1918年築

川
Shingashigawa,Shingashi river 新河岸川



いもうな重
いもうな重の中
Imo-Una-Ju, Broiled eels and steamed sweet potato on rice いもうな重
Eels and Sweet Potatoes are specialties of Kawagoe.
ウナギとサツマイモは川越の特産品です。

いもスティック
Imo Sticks, Sweet Potato Sticks いもスティック

Inokashira Park 井の頭公園

Inokashira Park is near Kichijoji,Tokyo.
The park was opened in 1918, and it contains Inokashira Pond and the Kanda River water source.
Many people gather in the park in holidays.
There are an aquarium and a zoo.
1918年開園の井の頭公園は東京の吉祥寺の近くにあります。
井の頭池と神田川の源流を含み、休日には多くの人々が集います。
水生物館と動物園もあります。

池
Inokashira Pond 井の頭池


IMG_2300.jpg


小道


ボート
Many couples and families ride the boats on Inokashira Pond.
Boat ride on the pond is one of the popular dates.
多くのカップルや家族がボートに乗っています。
井の頭池でのボートはデートの定番です。


七井橋


橋
There are many carp in the pond.
池には多くの鯉がいます。

弁財天遠景
弁財天
Benzaiten shrine, Benzaiten is the Hindu goddess Saraswati
弁財天


水槽
Fish in the aquarium 水生物館の魚


象
"Hanako",the oldest elephant in Japan.
She came from Thailand to Japan in 1949. She became 64 year old in January 2011.
日本で最高齢の象「はな子」。
1949年にタイから日本へ来て、2011年1月に64歳になりました。


お茶ノ水
The Spring called "Ochanomizu,Water for Tea" お茶ノ水
Tokugawa Ieyasu,the founder and first shogun of the Tokugawa shogunate drank teas made from the water according to tradition.
The natural spring run dry in 1970s, today the groundwater is pumped up.
徳川幕府を開いた徳川家康がこのお茶ノ水で茶をたてたという言い伝えがあります。
1970年代に湧水は涸れ、今日では地下水をポンプで汲み上げているとのことです。


湧き水
Another Spring, is this natural one?
もう一つの湧水を見つけましたが、自然のものでしょうか?


IMG_2166.jpg
The Beginning of the Kanda River 神田川の始まり

神田川1


神田川2
The trains of Keio Inokashira Line are passing over the river.
京王井の頭線の電車が川の上を通ります。


カモ


神田川3

Tama river, Tamagawa 多摩川

On sunny Wednesday, I jogged by Tama river,Tamagawa.
I walked from Tamagawa station to Maruko bridge, from there started jogging down the river, and took the cycling course on East/North side of the river.
晴れた水曜日、多摩川べりをジョギングしてきました。
多摩川駅から丸子橋まで、そこから東/北岸のコースを下流に向けて走りました。

丸子橋
Maruko bridge, Marukobashi 丸子橋

サイクリングコース
Felt good because not so many bikes run on a weekday.
平日で走っている自転車も少なかったため気持ちよかったです。

野球の練習
The boys practicing baseball 野球の練習をしている少年たち

標識
"11 kilometers to the sea", I jogged about 12 kilometers.
結局この日は12キロ程走りました。

武蔵小杉ビル群
The Buildings of Musashi-kosugi 武蔵小杉のビル群

富士山
Mount Fuji, Fujisan far away はるか遠くに富士山が見えました。

清掃工場
Tamagawa Clean Center 多摩川清掃工場


多摩川眺め

ホームレスの家
Bluesheet Tents made by Homeless people
ホームレスの人たちが作った小屋

多摩川大橋
Tamagawa bridge,Tamagawa-ohashi 多摩川大橋
Many children were playing on the bank.
多くの子供たちが川岸で遊んでました。

トミンタワー
Tomin Tower in the right side トミンタワー(右側)

京急線
The train of Keikyu line crossing Tama river 多摩川を渡る京急線
Many people were playing golf, parking their cars.
多くの人が車で来てゴルフをやっていました。

川崎ビル群と六郷橋
The Buildings of Kawasaki and Rokugo bridge,Rokugobashi
川崎のビル群と六郷橋

ジェットスキー
Water skier 水上スキー

大師橋
Daishi bridge,Daishibashi 大師橋

屋形船
Roofed pleasure boat, Yakatabune 屋形船

漁船
Fishing boats 漁船

Tamagawa Estuary 多摩川河口

河口
Tamagawa Estuary 多摩川河口
There is a small Buddhist temple built for the people who died in the river.
Especially in times of the Great Kanto earthquake(1923) and the bombing of Tokyo in World WarⅡ(1945), numerous bodies drifted there.
多摩川で亡くなった水難者のため建てられた小さな仏堂があります。
特に1923年の関東大震災、1945年第2次大戦時の東京大空襲の折には多数の遺体が漂着したそうです。

海老取川
Ebitori river, Ebitorikawa and Benten bridge,Bentenbashi
海老取川と弁天橋

鳥居
Otorii of Anamori-inari Shrine 旧穴守稲荷神社の大鳥居

上流方向へ
The mouth of the Tamagawa is about 500 meters wide.
多摩川河口の幅はおよそ500mです。

モノレール・羽田空港
The Monorail carries people from the Haneda airport to Hamamatsucho Station
羽田空港から浜松町駅まで運行するモノレール

南岸
The South side of the Tamagawa is industrial zone.
多摩川の南岸は工業地帯です。

着陸態勢の旅客機

着陸寸前の旅客機
Jetplanes going to land これから着陸するジェット機

Ninomiya Sontoku (2) 二宮尊徳(2)

Ninomiya Sontoku13
Portrait of Ninomiya Sontoku 二宮尊徳の肖像画


Ninomiya Sontoku14
Sakuramachi-Jinya Site, Mooka, Tochigi Pre. 桜町陣屋跡、栃木県真岡市

Sakuramachi-Jinya Site was the headquarters Ninomiya Sontoku(Kinjiro) resided while he was reconstructing farming villages of this entire area. He took up his post in 1823 and had lived there for 26 years. Aresidence of Jinya was built when he arrived at his post and since then underwent extention and alteration several times. In those days, Jinya contained Omoya(main house for public office and residence) and Nagaya(row houses) and Kigoya(lumber hut) as well.
桜町陣屋跡は、二宮尊徳(金次郎)がこの一帯の農村復興に務めた拠点です。1823年にこの地に着任し、以来26年間の永きに渡り桜町陣屋に居住しました。陣屋の建物は、尊徳が着任したときに建設され、その後増改築を経て現在に受け継がれています。当時陣屋内には、母屋(役所兼住居)ばかりでなく、長屋・木小屋などがありました。


Ninomiya Sontoku15
The Sakuramachi-Jinya has its origin in the quarters that was set up in 1699 by the Utsu Family, a branch of the Okubo family belonging to the Odawara clan. The fief of Sakuramachi became the fertile soil yielding 4000-Koku of rice officially, but in 100 years after that the fields were desolated and a population decreased markedly.
桜町陣屋は、1699年に小田原藩大久保家の分家宇津家が、この地に陣屋を構えたことに始まります。桜田町領は公称4000石とされる豊かな土地になりましたが、100年後には田畑も荒れ果て、人口も激減してしまいました。


Ninomiya Sontoku16
Ninomiya Sontoku was singled out to perform reconstruction of the exhausted fief of Sakuramachi. Sontoku immigrated to this town with all his family and went through all sorts of hardships, succeeding in the reconstruction of the fief Sakuramachi.
疲弊した桜町領を復興するため、二宮尊徳が抜擢されました。尊徳は家族揃ってこの地に移り住み、さまざまな苦労の末、桜町領の再興を果たしました。


Ninomiya Sontoku17


Ninomiya Sontoku18


Ninomiya Sontoku19
Farming tools used at that time 当時使われていた農耕具


Ninomiya Sontoku20
The things Sontoku used for his work at that time 当時仕事で尊徳が使っていたもの


Ninomiya Sontoku21
Hotoku ditch (Sobi,Odawara) 報徳堀(小田原市曽比)

Ninomiya Sontoku22
The ditch was dug to remove the underground water of paddy field under the guidance of Ninomiya Sontoku.
Wet paddy had been improved, and the harvest of rice has doubled, the villagers called it "Hotoku Ditch" by gratitude.
"Hotoku" means "moral requital".
二宮尊徳の指導により、水田の地下水を取り除くために掘られた排水溝。湿田が改良され米の収穫が倍増したため、村人は感謝をこめて「報徳堀」と呼びました。


Ninomiya Sontoku23
Hotoku Imaichi Promotion Building(Imaichi,Tochigi Pre) 報徳今市振興会館(栃木県今市市)
Ninomiya Sontoku spent the last days in this place.
二宮尊徳はこの地で最期の時を過ごしました。


Ninomiya Sontoku25
Ninomiya Sontoku's Grave in Hotoku Ninomiya Shrine in Imaichi,Tochigi
今市の報徳二宮神社にある二宮尊徳の墓


Ninomiya Sontoku26
Hotoku Ninomiya Shrine of Odawara 小田原の報徳二宮神社


Ninomiya Sontoku27
Illustration of Ninomiya Kinjiro, Kobayashi Eiko, in the late 19th century.
二宮金次郎の挿絵、小林 永興作、19世紀末
The figure studying while carrying a bundle of firewoods on his back became a model of his statues later.
薪を背負って歩きながら勉強する姿は、後に彼の銅像のモデルとなりました。

Ninomiya Sontoku (1) 二宮尊徳(1)

Ninomiya Sontoku1
Have you ever seen a statue like this?
His name is Ninomiya Kinjiro. In the past, his bronze or stone statues were in virtually every elementary schoolyard in Japan(This picture was taken in Hotoku Ninomiya Shrine of Odawara).
こんな銅像は見たことありますか?
彼の名は二宮金次郎、かつて日本全国の小学校の校庭に置かれていました(写真は小田原の報徳二宮神社にて撮影)。

Ninomiya Sontoku(1787–1856,Childhood name Ninomiya Kinjiro) was a famous agricultural leader, philosopher, moralist and economist.
He was born to a poor peasant family in Kayama, Ashigarakami-gun Sagami province(Present Kayama,Odawara,Kanagawa) in the late Edo period.
Koimaru was born in Odawara, knowing him but never been to places connected with him.
So I decided to visit those places this time.
二宮尊徳(1787–1856,幼名二宮金次郎)は有名な農業指導者、哲学者、道徳家、経済学者です。
江戸時代後期に相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山)の貧しい農家に生まれました。
コイマルは小田原に生まれたので彼を知っていましたが、彼の生家などゆかりの地を訪れたことはありませんでした。
そこで今回は彼ゆかりの地を訪れてみようと思いました。

Ninomiya Sontoku2
The house in which Ninomiya Kinjiro was born, reconstructed near Ninomiya Sontoku memorial hall(Kayama,Odawara)
二宮尊徳記念館(小田原市栢山)の傍らに移築・復元された二宮金次郎の生家


Ninomiya Sontoku3
Inside the house 家の内部


Ninomiya Sontoku4
Kinjiro studied by light of a lamp all through the night.(a exhibition in Ninomiya Sontoku memorial hall)
金次郎は夜通し行灯の明かりで勉強しました。(二宮尊徳記念館の展示)


Ninomiya Sontoku5
Kinjiro practiced writing by a sandbox.(a exhibition in Ninomiya Sontoku memorial hall)
金次郎は砂箱で習字の練習をしました。(二宮尊徳記念館の展示)


Ninomiya Sontoku6
Bank of Sakawa River 酒匂川の堤防


Ninomiya Sontoku7
Sakawa River 酒匂川
The river has been running near the Kinjiro's village.
It often flooded the whole village.
酒匂川は金次郎の村の近くを流れ、たびたび氾濫して村中を浸しました。


Ninomiya Sontoku8
Rice paddy field near the Sakawa river 酒匂川付近の水田


Ninomiya Sontoku9
Odakyu train 小田急の電車


Ninomiya Sontoku10
Rape growing site 油菜栽培地跡
Kinjiro growed rapes to get lamp oil to study.
金次郎は勉強のための行灯の油を得るために油菜を栽培していました。


Ninomiya Sontoku11
Shofukuji-temple(Iizumi,Odawara) 勝福寺(小田原市飯泉)


Ninomiya Sontoku12
Statue of Kinjiro in Shofukuji-temple 勝福寺に安置された金次郎の像
Kijiro got altruism by hearing Kannon sutra recited by a traveling priest according to the temple's tradition.
寺伝によれば、金次郎は旅の僧が観音経を訓読するのを聞いて感激し「利他」に生きるこころを授けられたといいます。
Profile

Koimaru

Author:Koimaru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.